おみくじ。
ペットうさぎ専門サイト ペットうさぎ専門サイト ペットうさぎ専門サイト ペットうさぎ専門サイト

訪問記念に、おみくじをどうぞ。

Twitterしておりまする。

Twitter

フォロー、お頼み申す。

仏教ねえさんが読んでる本。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
仏教ねえさんとコンタクトとりたい時用。

名前:
メール:
件名:
本文:

仏教ねえさんとこしょこしょ話したいときに使ってね。

FC2ブログランキングに参加中。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
2712位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
221位
アクセスランキングを見る>>
人気ブログランキングに参加中。

いいね!とおもったら、ポチ。

にほんブログ村に住んでます。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ

ご訪問、ありがとうございました。またお会いしましょう。

いらっしゃい。

--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
03月17日(日)

はじめに。

はじめまして。こんばんは。
仏教ねえさんです。

仏教について初心者です。
仏教のお勉強のために、ブログに記録することにしました。

このブログ開設にあたり、
名前を何にしようかと、小一時間考えました。

仏教女子だけは絶対にいやだったので、
(「女子」っていう言葉が自分になじまないから)

仏教婦人、仏教婦女など「女性」にまつわる言葉をくっつけてググりました。

現実に仏教婦人会とかあったりしちゃうの。ふふふ。



使えない(・ω・)



こうなったら、たまに現実に言われる、
「ねえさん」をくっつけちゃえ。
ということで。
仏教ねえさん、と相成りました。

仏教の本の感想や、行ったお寺のこと、
仏教に関することすべて、
仏教ねえさんにとって「お勉強」になったことを記録していきます。

気長に書きます。
よろしくね。


仏教ねえさんより。



スポンサーサイト
 
06月06日(日)

【book review】美崎栄一郎著『成果を生む人が実行している朝9時前のルール』


成果を生む人が実行している朝9時前のルール/美崎 栄一郎

¥1,470
Amazon.co.jp




サラリーマン(つまり普通の人)向けのセルフブランディングを

実例や美崎さんの経験も交えつつ、

読者さんを巻き込みながら紹介されています。

実際に(有)てらたくがお会いしたことのあるブロガーさん、フミヒロさんが紹介されてました!

びっくりしました!≧(´▽`)≦

確かにユニークなお名刺ですもんね!!



美崎さんの本は全て読ませていただいていますが、

一番(有)てらたくの心をグッと掴みました('-^*)/



正直、本を読んでこんなにやっちゃえ~~!

と思ったことはなかったかもしれません。



ブログのタイトルにあるように、

(有)てらたくは基本的になまけものでめんどくさがり。

出来るだけラクしたいし、面倒な事はしたくない。

そして何と言っても行動が遅いのです!!威張る事じゃない(^▽^;)

なんでも後回しにしてしまうどうしようもない(有)てらたくなのに

真似したい!と思って即行動してしまったという強烈な本です。





゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚





(有)てらたくのレバレッジ・メモ


好きな事を極めれば、成果を生むことが出来る(まえがき)


■ 人と会うことで人は成長します(まえがき)


■ やるべきことからやりたいことへ(p.29)


■ たくさんの情報の中から、自分が興味のある情報だけを見つけ出し、
 
  その情報を元に自分の興味を広げ、自分なりの新しい価値や見方をつけることが

  あなた自身の価値につながります(p.37)

自分作りによって、あなた自身のブランドやキャラクターがより磨かれます(p.53)


見返りを求めないで、ギブを続けてみてください(p.72)

     ⇒情報のわらしべ長者になる

 
■ アピールしないとチャンスは来ない(p.118)


どう見せるか意識する(p.118)


■ 自分の興味と相手の興味が合うところを探っていくのがブランドのコミュニケーション(p.118)


■ タグの書き出し、図にまとめる(p.122)


■ 好きなことをタグとすればいい(p.130)


どんな名刺を渡すかで、人生は変わる(p.149)


■ 名刺をプレゼンテーションをするときのスライドのように考えている(p.151)


スタンプ作成(p.167)


■ ひと言添える(p.184)


■ 成長を共有しあえる仲間を見つける(p.198)


付き合う人を選ぶ権利は、あなた自身にあります(p.198)


■ 自分のペースにあった、気が合いそうだなと思う人からつながればいい(p.198)


はじめは雑魚でも成長すれば、大きな出世魚になることができます(p.199)


相手のタグを引き出すことも重要(p.202)


参加者のタグを書き出しておくとアプローチしやすくなる(p.215)


■ 成果を生むためには、楽しい仲間が必要です(あとがき)


■ ひとりでは、成果を生むことなどできません(あとがき)


■ セルフブランディングを意識するようになれば、自分のタグが何なのか、

  自分の好きなことは何なのか、今までやってきたことは何なのか、

  これからしたいことは何なのか、イメージが沸いてくるようになります(あとがき)






゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚




小難しいこと一切なし!

やろうと思えばすぐできる!

自分なりに変えられるかも!?


という想像力がかきたてられました!




実行したこと

◇自分のタグを書き出す

ここですべてをさらけ出すのはあまりにも恥ずかしいので出来ませんが、

結構出てくるものですね。

趣味嗜好は一貫性がありました。

中学生の頃からロック(邦楽洋楽問わず)と読書(マンガも文学も)は大好きだったし、

ピアノ演奏したり小説を書いたりマンガを描いたりして遊んでいました。

大人になってからは、まったく演奏や自分で創作したりはしていませんが、

何かを書くという行為は好きなので、ブログを書いていますしね(o^-')b


◇スタンプ作りました
$なまけものの(有)てらたくでもうまくいく自己実現の方法@手探り中-2010.6.3
イラストを書いて、

はんこ屋21さんへ持ち込み作ってもらいました。

翌日には出来て、

大喜びでtwitterで報告してました( ´艸`)

とっても簡単なので、ぜひお試し下さい!

(有)てらたくと同じ大きさなら3,150円で作れますよ('-^*)/

しばらくは(有)てらたくのトレードマークになるので、

よろしくお願いしますm(__)m

事あるごとにハンコ押しまくると思います。

飽きたら止めます(^▽^;)





実行していること

朝9時前にしていることと言えば、

朝活@NGO事務局の副管理人として4月から活動しています。

名古屋駅(通称:名駅)で平日(特に水曜)に朝活がしたかったので、

「誰かやらない?」とtwitterで投げかけたところ、

Hiroki_K_さんが反応してくれて、

活動が始まったわけです。

これも自分のタグの中で重要な部分。





セルフブランディングについて思ったこと

最近たまに言われます。

「てらたくさんって、いつも元気だね」

「てらたくさん、明るいね」

「てらたくさんって、行動的だね」

「てらたくさん、目がキラッキラしてるね!」←ホントーー??(≧▽≦)

と結構アクティブで活発なイメージがどうやら付いているみたい(*^.^*)

自分では全く意識していなかったことが、

(有)てらたくの「タグ」として認識されていたのです。

マイナスのイメージなら払拭するために何かを始めないといけませんが、

こういう風に見られているのはいいことです。

ありがとうございますm(__)m


自分が見られたい!と思うものとは少し違うけれど、

はつらつとしていて、若く見えていればいいかな~(*^-^)b

でもこれって、私のほんの一部。

ある人にとっての(有)てらたくはこのイメージでいいのです。

でもある人にとってはこのイメージでは好ましくない。

人によって見せ方を変えていくことを意識していきたいな。





【編集後記】
セルフブランディングって自分がこうなっていたいという理想を
目に見える形で表現していくことなんだと理解しました。
今はちっちゃなちっちゃな雑魚だけど、数年後は大きな出世魚になっていると信じて、
失敗しながら、修正を繰り返して、自分なりのタグを築きあげていきたいな~と思えたご本でした。
そして、ビジネス書に馴染みの無い方でもわかり易いように書いてくれている本なので、
馴染み易いと思います。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。