おみくじ。
ペットうさぎ専門サイト ペットうさぎ専門サイト ペットうさぎ専門サイト ペットうさぎ専門サイト

訪問記念に、おみくじをどうぞ。

Twitterしておりまする。

Twitter

フォロー、お頼み申す。

仏教ねえさんが読んでる本。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
仏教ねえさんとコンタクトとりたい時用。

名前:
メール:
件名:
本文:

仏教ねえさんとこしょこしょ話したいときに使ってね。

FC2ブログランキングに参加中。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
2315位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
182位
アクセスランキングを見る>>
人気ブログランキングに参加中。

いいね!とおもったら、ポチ。

にほんブログ村に住んでます。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ

ご訪問、ありがとうございました。またお会いしましょう。

いらっしゃい。

--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
01月02日(金)

かかりつけの僧侶さんを見つけたい。「一個人 名僧100人に尋ねよ」を読んで。

新年1冊目は、一個人。


著者 :
ベストセラーズ
発売日 : 2014-11-26



日本仏教史をざっくり知るのによい特集があります。
このような内容は、雑誌ならでは。

仏教ねえさんの嗜好・思考はこんな感じ。
好きな名僧は、道元さん。
仏教ねえさん、曹洞宗ですし、ストイックさが好きです。
気になる名僧は、一休宗純さん。
異端にちょっと憧れます。
ちょっと好きになれない名僧は、日蓮さん。
あの激しさは仏教ねえさん、ついていけない。


ぜひこれは実践したいと思ったのは、
「かかりつけ僧侶と出会う」こと。
仏教ねえさん、お話したいんです、僧侶さんと。
のんびり。お茶をすすりながら。


生き方のことや、ものの考え方。
ただ、ランダムにその時の気分で、
ひとつのテーマについて、話し合ってみたい。


でもどうしたらいいのかわからないんです。
法話会へ行くのも、一方通行。
講演会へ行くのも、一方通行。
どうしたら、一方通行にならずに、対話ができるのでしょうか。


そして、仏教ねえさんと波長の合う僧侶さんと出会うのは、
なかなかの至難の業。
伴侶を見つけるよりも難しいかもしれません。


そうとはいいながら、今年はお寺の法話会や坐禅会などに、
まめに出席して、僧侶さんとお話できるように、今年は頑張ります。


もし、このブログを僧侶さんが読んでくれていたら、
こういう人もいるんだなと思ってもらえるとうれしいです。


仏教ねえさんより。












スポンサーサイト
 
12月07日(日)

松浦弥太郎さんの100の基本から学んだこと。言いにくいことについて。

みなさまごきげんよう。
仏教ねえさんだよ。



毎日意識していられるのだろうか。
本当に。

そんなことを思わざるを得ない本だった。





仏教ねえさん、人の言うことは比較的「あ、そうなんだ」と素直に受け取るタイプ。
一方、綺麗ごとなんじゃないかと穿ってみてしまうことも、もちろん、ある。
今回は後者。


松浦弥太郎さんの書く文章は好き。

どこか透明感があり、自然体。
ところどころに厳しさもありつつ、柔和な面影が浮かぶ。

清潔感もあり、イライラしたりしないだろうな。
生活を楽しめるようたゆまない努力をしている方なんだろうな。

そんな想像が膨らむ。


そんな人が、一体なぜ以下のようなことを言い出したのか。
想像するのはたやすい。理由は単純だ。

「身だしなみ」だからだ。

今から、以下の問題について考えてみる。



口臭問題。



p.276
「口臭に気をつける。食後の後は歯磨きを」

気になりました。ものすごく。
口臭は大問題です。
仏教ねえさんも、気になる時があります。
どんなに美しく洗練された男女でも、にんにく料理を食べたらにおいます。
人間ですから仕方ありません。


なんとこの本で、
「歯磨きしておいで」と言い合える環境作りを推奨しているのだ。


全員がその情報を共有している。
歯磨きしておいでと言われた人は、「はーい」と素直に歯磨きをする。
素晴らしい。大いに素晴らしい。


しかし、実際に言えるのか。
それは、その「歯磨きしておいで」と注意しあおう!
と提案した人だけではないか。


いや、歯磨きしておいでと言われた人の受け取り方の問題かもしれない。
「やだ、恥ずかしい」
「あ、そういえば、昨日にんにくたっぷりのラーメン食べたしな」
「そんなこと言われるなんて……」
人によってさまざまな反応があるはずだ。


素直に聞き入れる精神状態を作るには、
その組織なりグループなりに入ったその瞬間、
あらかじめ知らされなければ成立しない。
常に言える・きける環境を作るには、初めが肝心なのだ。


そんなことを考えてしまい、
せっかくの100の基本が、すべてあいまいな100の基本になってしまった。
仏教ねえさんにとって。


しかしだ。


100の基本はいいことが書かれているのも事実だ。
仏教ねえさんは口臭という言葉に翻弄されてしまった。
そこが失敗の読書だった。


身だしなみ、仕事への取り組み方、日々の生活……。
人生を豊かに美しく生きていくちょっとしたスパイスが、100の基本。
そしてあくまで、松浦弥太郎さんの100の基本。


人生を豊かに美しく生きていくのは、
ひとりひとり、方法・考え方、なにもかも違うのだ。
参考にすることは可能でも、全く一緒はありえないのだ。


そんなことに気づかせてもらった、
100の基本。


仏教の言葉に、
機根不同(きこんふどう)という言葉がある。
「ひとつのきっかけでどの程度理解できるかは、人によって異なる」
という意味だ。

仏教ねえさんは、このご本をどれだけ理解できたのか。
それは今後の生き方でわかるはずだ。







 
06月21日(土)

月刊住職2014年6月号を買ってみた。

みなさまごきげんよう。
仏教ねえさんだよ。



やっと手に入れました。
月刊住職。


写真 2014-06-21 21 03 09



パラパラめくって見た。



週刊誌みたい。




誌面の作りが、女性◯身のような雰囲気。
しかも内容が、意外に。


裁判や著作権、賦課金未納問題


かなり俗世にまみれておりました。驚愕


これが、
今のお寺さんの実態なんですねぇ。じつにおもしろい。


もちろん、ワイドショー(?)ではない記事もあります。


衝撃的だったのは、
「霊に取り憑かれた人たちに会う」


ス、スピリチュアル系も網羅しているとは。



目次だけで相当おもしろい。



明日、じっくりのんびり読ませていただきます。


仏教ねえさんより。






 
10月02日(水)

迷いながら生きる~ドイツ人禅僧が語る、「自分」にとらわれない考え方~を読んで。

みなさまごきげんよう。
仏教ねえさんだよ。


今日は感想文だよ。


迷いながら生きる ~ドイツ人禅僧が語る、「自分」にとらわれない考え方~
迷いながら生きる ~ドイツ人禅僧が語る、「自分」にとらわれない考え方~
表紙、かっこいいよ。


序盤は、
仏教ねえさんと「考え方や思いが似ている」

読み進めながら、
「そうそう。そうなんだよ」
「そういう時、あったなぁ」
など、共感して読めるところが端々にありました。

西洋哲学・心理学からの引用も多く、
ネルケさんの教養の高さが全面に出ていて、
かなり示唆に富んだご本です。

西洋と東洋の思想を比較……というより、
融合させたいという意気込みを感じます。


「自分探し」をする人は多いと思います。
仏教ねえさんも今まっただ中。
この「自分探し」は、
年齢に関係なく、言わなかったり感じてないだけで、
だれでも探していると、仏教ねえさん、思っています。

本当の自分はどこなんだろうと探すのですが、
実際、「今ここ」にいるのが本当の自分です。

でも、迷う。

こんなはずじゃないって思う人もいれば、
これでいいんだと思い込む人もいる。
「絶対に自分はコレ!」
と、断言できる人は、ごく僅かではないでしょうか。


おもいっきり悩んで、迷えばいい。
今をきちんと生きればいい。
未来は、今ここにないんだから。



と激励してくれます。

この本は、西洋問わず著名人の言葉が多数ちりばめられています。
ヘラクレイトス、プラトン、デカルト、ニーチェ、
道元、澤木興道、ベーブ・ルースなどなど。
映画の話題も出ています。

賢人の言葉がネルケ無方禅師のフィルターを通して、
理解しやすくなっているのが、面白い。
仏教ねえさん、前から読んでみたかった
ヴィトゲンシュタインの哲学を、他の人物より多くページを割いており、
強く影響を受けてらっしゃるように感じました。
ヴィトゲンシュタイン、いよいよ読む時が来た。


「考える、迷う、試行錯誤を繰り返す」


この繰り返しだと、ネルケ無方禅師は言います。

仏教ねえさんは、僧侶になることはまずないと思いますが、
ネルケ無方さんと同じではなく、
似通った轍を進めるように、日々試行錯誤をしよう。

そんなことを思った本。
かなりオススメ。ぜひお読みください。


仏教ねえさんより。





 
08月03日(土)

BRUTUS 8月15日号、いいね!

みなさま、ごきげんよう。
仏教ねえさんだよ。



「日本美術にちっとも興味がなかった人へ」BRUTUS

ってあるんですけど、

とても興味があるので、買いました。



IMG_5758.jpg



読むのが楽しみですな。

明日、ゆっくり読ませていただきます。



8月8日に東京へ行く予定があるので、

ついでに寄ってみようかな、東京国立美術館。




仏教ねえさんより。



 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。