おみくじ。
ペットうさぎ専門サイト ペットうさぎ専門サイト ペットうさぎ専門サイト ペットうさぎ専門サイト

訪問記念に、おみくじをどうぞ。

Twitterしておりまする。

Twitter

フォロー、お頼み申す。

仏教ねえさんが読んでる本。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
仏教ねえさんとコンタクトとりたい時用。

名前:
メール:
件名:
本文:

仏教ねえさんとこしょこしょ話したいときに使ってね。

FC2ブログランキングに参加中。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
2712位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
221位
アクセスランキングを見る>>
人気ブログランキングに参加中。

いいね!とおもったら、ポチ。

にほんブログ村に住んでます。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ

ご訪問、ありがとうございました。またお会いしましょう。

いらっしゃい。

--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
01月24日(土)

四天王寺さんへ初詣。

かなり遅くなってしまいましたが、

初詣に行ってきました。

大好きな四天王寺さん。

おじゃまします。
image1.jpeg


どーん。
image2.jpeg


亀さん、こんにちは。
image3.jpeg


image4.jpeg
こちらに置いてあるおもかる石。
重ければ叶わない、軽ければ叶う。と言われています。


願い事を心で唱えて持ってみると……



軽い!!ヤッタ-



うまくいきそう。ふふ。



参拝のあとは、ご朱印を。
image8.jpeg
うっかり朱印帳を忘れてしまったので、紙でいただきました。


最後は恒例の釣鐘まんじゅう!
FullSizeRender.jpg
仏教ねえさん、このおまんじゅう大好き。


四天王寺さん、今年もよろしくお願いします。


仏教ねえさんより。



スポンサーサイト
 
10月05日(日)

元興寺からの春日大社奉納ライブ!

みなさまごきげんよう。
仏教ねえさんだよ。


仏教ねえさんの苦手な夏が去り、
一番大好きな秋がやってきました。

朝夕に「肌寒い」とつぶやくくらいが好みです。



さて。
9月20日に久しぶりのお寺さん巡り。
17時から行われる
東京スカパラダイスオーケストラの春日大社奉納ライブへ参加するため、
ついでと言ってはなんですが、
世界遺産の元興寺へ行ってきました。



記念碑。
P9200001.jpg



東門。
P9200002.jpg



国宝 極楽堂。
P9200003.jpg
中も参拝できます。
左回りに外陣を歩きます。

予備知識のないまま行ったので、
空海さん由来のお寺なのかなぁという雰囲気を感じる。
後ほどHPを見ると、やはりそうでした。納得。


浮図田。(ふとでん)
P9200004.jpg
石塔・石仏=浮図 を田圃のように並べた中世の供養形態だそう。
整然と並べられた風景は、目を引きます。供養といえど、何を思い奉ったのでしょう。



彼岸花。
P9200006.jpg
一眼レフで本気の写真撮影をしている方が多かったです。

仏教ねえさん、さほどお花には興味がそそられないので、
きれいだな、かわいいなと思っても、それで終わり。
女子力はほぼありません。
桔梗も有名みたいです。


P9200007.jpg


浮図田前にある宝物殿を見学。

国宝五十小塔がどどーんと鎮座しています。
細かな細工、しっとりとした質感。ビューティフル。
国分寺の塔の10分の1の雛形かもしれないとされているそうです。

その他にもお宝満載。
飛鳥寺当時の瓦と15世紀くらいの蔵骨器をみて大興奮。



1300年くらい前の瓦!!

500年前くらいの骨壷!!




感動しました。
人の人生ってなんて儚く、切なく、美しいのでしょう。
人という物質はなくても、
人が作り出した物質は、
1000年の時を過ごして、崩れて、破壊され、色あせても、
今ココにある。
瓦一枚で、人間の生を見たように思いました。


鎌倉時代だったかの夫婦和合祭文は感動的です。
夫が他の女性の元へ行ってしまった、妻の嘆きが書かれています。

何時の世も、男女の憂いは変わらない。
時代背景は違えど、人間の心は同じ。
感情は変わらないものなんでしょう。

某俳優が「不倫は文化だ」と言ってました。
夫婦和合祭文を見たあと、少し思考を巡らせると、
真実であるようにしか思えなくなりました。

仏教ねえさんの生きる現代では、
不倫はいけないことだという認識に基づいています。
だけど、人間が文化を形成してきてからは、
今でいう不倫は当たり前で、
現代において「ダメ」とすることは文化的に不可能なのではないかと、
仏教ねえさん、思ったりします。

現に、仏教ねえさんの周りでも、
普通にたっくさん不倫は執り行われておりますし、
人間としておかしいこととは思えません。

だからといって、仏教ねえさんが不倫を執り行うかと言われれば、
しません。なにかと面倒そうですしね。



かえる石
P9200012.jpg
奇石といわれ、行方不明になっていたものが移されて来たそうです。
大阪城にあったものです。


あたま。
P9200014.jpg
なんだか無造作。


これが本体かと思いましたが、サイズが合わない。
P9200015.jpg


とても歴史が深く、悠久の時を感じる元興寺。
やはり、奈良のお寺さん、好きです。


元興寺をあとにして、興福寺の五重塔を眺めつつ。
P9200018.jpg



溝に埋まった鹿を眺めつつ。
IMG_7015.jpg



茶店で鹿と一緒にわらび餅を食べて一服しつつ。
IMG_7017.jpg



行ってきましたー!
IMG_7018.jpg

飛火野でバンド演奏を行うのは、
春日大社の記録のある1000年間で初めてだそうです。
記録に、「東京スカパラダイスオーケストラ」の文字が刻まれ、
1000年後の人もこの文字を見ることになる。

あぁ。今日は悠久の時を一日中満喫する一日。

と感嘆した日でした。


終了後。
IMG_7019.jpg

それにしても、スカパラのライブは超絶に素晴らしいです。
夕方から日暮れ、周囲が暗くなると、
虫の音も人間の生み出す音も激しくなり、
自然と人の奏でる音楽がとても心地よいものでした。



踊るのが苦手な仏教ねえさん。
この踊りは一人ではとてもできません。
33秒に出てきます。


とても素晴らしい音楽を聴かせていただきました。




興福寺の五重塔、夜バージョン。
IMG_7022.jpg


人間とはなにか。
人生とはなにか。
時とはなにか。

そんなことに思いを巡らす9月20日でした。


ありがとうございました。
仏教ねえさんより。

 
01月01日(水)

謹賀新年〜初詣

あけましておめでとうございます。
仏教ねえさんだよ。

平成26年になりました。
本年も仏教ねえさんの仏教お勉強ブログをよろしくお願いいたします。

本日、お友達と初詣に行ってきました。
愛知県瀬戸市にある、定光寺へ。

定光寺は、
1336年に創建された尾張徳川家の菩提所です。
臨済宗妙心派、覺源禅師が開山されました。

IMG_6136.jpg


本堂。
IMG_6155.jpg
通称「無為殿」


鐘楼。
IMG_6154.jpg
除夜の鐘が本日未明に鳴り響いたことでしょう。


おみくじ引いた。半吉。
IMG_6137.jpg
まぁまぁですね。


徳川義直公廟への入口。
IMG_6138.jpg
参観料は100円。



雰囲気のある石階段。
IMG_6139.jpg


獅子門の中から。
IMG_6143.jpg


重要文化財の獅子。
IMG_6142.jpg
頑丈に保護されていてよく見えない。


獅子門を見下ろす。
IMG_6144.jpg


廟へ。
IMG_6145.jpg


徳川義直さんが眠る場所。
IMG_6150.jpg
義直さんは、家康さんの第9子。
文武両道で、成功記などの書も編術したり、政にも力を尽くしたそうです。

この定光寺を菩提所としたのは、
巡行の際に定光寺に立ち寄って、その風光が気に入り、
自らの墓地に決めたそうです。(ざっくりした説明すぎる)


徳川の家紋。
IMG_6152.jpg


展望台から。
IMG_6158.jpg
副住職さんいわく、「尾張のマチュピチュ」(笑)雲海はないですね。

初詣にふさわしい、地元に愛される気持ちのよいお寺さんでした。

おじゃましました。

本年もよろしくお願いします。


仏教ねえさんより。




 
12月22日(日)

高野山へ~其の二「奥の院」

みなさまごきげんよう。
仏教ねえさんだよ。



高野山へ行ってから、すでに4ヶ月経過。
ものすごーく遅くなってからのアップです。
写真が夏。今は冬。
高野山へ~其の一はこちら


まず、奥の院へ。
奥の院は、弘法大師空海さまが入定されている神聖な場所。

そもそも高野山は、
空海さまが開かれた、修行の場所。
真言宗が生まれた場所といってもいいかもしれませんね。


車を宿泊する一乗院へ駐車して、案内所で拝観共通券を購入。
写真 (2)


本当はレンタサイクルがよかったのですが、3人分なかったので、
バスで奥の院口へ。



奥の院入口、一の橋。だったはず。
高野山 (28)

しろありが供養されてます。
高野山 (31)


社墓や歴史上の人物の墓所が
石畳の両脇にずらりと並んでいます。荘厳。


腰かけ石。
高野山 (79)
空海さんが、この石に腰を掛けて、休息されたという言い伝えがあります。
本来は「息処石」と書いたそう。 


明智光秀さん。
高野山 (74)
同じような墓所がたっくさんあります。


傍らにひっそりと。苔むしむし。
高野山 (76)


中の橋。
高野山 (72)


汗かき地蔵さま。
高野山 (68)
この汗かき地蔵は世の中の人々の苦しみを身代わりになり、一身に受けているので、
いつも汗をかいていると伝えられています。

姿見の井戸。
高野山 (70)
覗きこんで、自分の姿が見えなければ、
3年以内にこの世からいなくなるという伝説がある井戸。
仏教ねえさん、覗きこんだら見えなくて
「え?見えない!?」と周囲を驚かせ、
さらに覗きこんだら、ちゃんと見えました(笑)ヤレヤレ


芭蕉の句。
高野山 (47)



一の橋からのんびり墓所を眺めながら歩いて、
20分くらいでしょうか。
空海さまが入定している場所に近づいてきました。

高野山 (58)


水掛地蔵さまたち。
高野山 (54)
水をかけさせていただくのに行列。
そっとお水をかけることがよいと思うのですが、
なかなか乱暴に掛ける人もいますね。お地蔵さま、ごめんなさい。



御廟橋。
高野山 (60)
奥の院は、ここから撮影禁止。
弘法太師空海さまが入定されております。


この橋を渡ると、空気感が変わります。
少しひんやりとして、パキっと硬い空気になりますね。
でも、どことなく柔らかさも含んでいて、気持ちの良い空気。


入口で塗香でお清めして、静かに空海さんがいる御廟へ。
さらに空気がひんやりして、さらに穏やかに気持ちに。
今でも空海さんは生きて、わたしたちを見守ってくれているんですね。
恥ずかしくない行動・言動をしていきます。

お邪魔させていただき、ありがとうございます。


次回は、宿泊した一乗院のレポートだよ。

仏教ねえさんより。



このご本を持って行ったよ。
高野山 (楽学ブックス)
高野山 (楽学ブックス)



よかったらクリックしてね。

人気ブログランキングへ
 
11月03日(日)

仏頭展へ〜其の一上野公園散策

みなさまごきげんよう。
仏教ねえさんだよ。

10月30日は、仏頭発見の日。
興福寺の中金堂で昭和12年に仏頭が発見された日です。
これを記念して、この日、
イラストレーターのみうらじゅんさんとクリエイターのいとうせいこうさんの
「見仏記」トークショーが東京藝術大学奏楽堂で開催されました。

仏教ねえさん、関西在住だし、
仏頭展は行ってみたいけど、展覧会のためだけにお上りさんするのもなぁ……
と半ば諦めていました。
しかし、仏頭展のホームページを見て、
おもしろそうなイベントがある!
これに当選したら、日帰りでいいから行ってみよう!
と期待せずにいましたら、あらま当選。
もってる、仏教ねえさん。ほほ。


ということで、当日。

朝6時13分発ののぞみに乗って、いざお江戸へ。
宵ダレの朝寝坊の仏教ねえさん。緊張して前夜は眠れず。
おかげでもう眠くって眠くって、新幹線で爆睡。
車窓から富士山を見ようと思ってたのに。
新幹線に乗るたび寝てるから車窓から富士山は見たことがない。



東京駅丸の内側。
IMG_5913.jpg



都会じゃのぅ。
最後の読み込み - 08

移動。

上野駅ってパンダ口があるんだね。
最後の読み込み - 09
反射してて見にくい。


パンダ橋。
最後の読み込み - 11
パンダの絵くらい書いてあるのかと思ったのに、普通すぎてがっくり。


お友達と一緒に午後から仏頭展へ行くので、午前中は上野公園散策。
地図を見たら、お寺さんや神社があるじゃないですか。
さすが下調べをしない仏教ねえさんの行き当たりばったりの旅。
一番初めに思ったのが、




御朱印帳、持ってきてないYO!
今後遠出する時は、予定がなくても御朱印帳は携帯しよう。




清水観音への参道。
最後の読み込み - 16


清水観音堂。
最後の読み込み - 17


下に何かある!
最後の読み込み - 18


坂。
最後の読み込み - 20


見上げた。
最後の読み込み - 21


月の松。ビューティフル。
最後の読み込み - 22


ずん。
最後の読み込み - 23


橋。
最後の読み込み - 24


弁天堂。
最後の読み込み - 27


裏。
最後の読み込み - 33


不忍池。
最後の読み込み - 34

鯉、うじゃ。
最後の読み込み - 35


次。


五條神社。
最後の読み込み - 37


無病息災。
最後の読み込み - 39


花園稲荷神社。
最後の読み込み - 41


稲荷坂。
最後の読み込み - 44


鳥居がズラリ。
最後の読み込み - 47


広い。
最後の読み込み - 49


う、上野大仏なんてあるのか!!
最後の読み込み - 50


これは仏面だね。
最後の読み込み - 53
像高約6メートルの釈迦如来坐像だったそう。
1647年の地震、1841年の火災、1855年の地震などの災難に見舞われ、
首や顔などの部分が破損。
その都度修復が行われたけど、1923(大正12)年の関東大震災で4度目の崩壊。
その後は、改修されることなく寛永寺で管理されてました。
1972(昭和47)年に顔だけが元のこの場所に戻ったんだって。



大仏パゴダ。
最後の読み込み - 54


苔ムシムシ。
最後の読み込み - 55


ムシムシ。
最後の読み込み - 56
このパゴタの周りを1周7回(だったとおもう)、薬師如来さまの真言を唱えながら歩いて、
合格祈願をすると御利益があるそうです。
上野大仏は、お顔のレリーフのみなので、「これ以上落ちることはない」ということ。
願掛けのパワースポットで有名なんですって。知らなんだ。



上野東照宮。
最後の読み込み - 62

ずん。
最後の読み込み - 63

ずずん。
最後の読み込み - 67


あ。
最後の読み込み - 68


うん。
最後の読み込み - 69
筋骨隆々な感じ。


どーん。
最後の読み込み - 74
改装中でほとんど見れない。がっくり。


綺麗ね。
最後の読み込み - 71


これも綺麗ね。
最後の読み込み - 72



銅籠。
最後の読み込み - 77
よく残ってたなぁってビックリ。大戦中によく使われなかったなぁ。よかった。



神楽殿。
最後の読み込み - 82


旧寛永寺五重塔。
最後の読み込み - 83
今は東京都に寄付されてるんだって。


清水観音さまと弁天堂さまでご朱印をいただいてきました。
うれしい。


お友達を待ちきれずに、ソフトクリーム食べた。
IMG_5919.jpg
久しぶりに食べたけど、美味しかった!


こんなポスト見つけた。
IMG_5918.jpg



次回は
お友達がやってきたので、ランチしていよいよ仏頭展へ。


仏教ねえさんより。


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。