おみくじ。
ペットうさぎ専門サイト ペットうさぎ専門サイト ペットうさぎ専門サイト ペットうさぎ専門サイト

訪問記念に、おみくじをどうぞ。

Twitterしておりまする。

Twitter

フォロー、お頼み申す。

仏教ねえさんが読んでる本。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
仏教ねえさんとコンタクトとりたい時用。

名前:
メール:
件名:
本文:

仏教ねえさんとこしょこしょ話したいときに使ってね。

FC2ブログランキングに参加中。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
2315位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
182位
アクセスランキングを見る>>
人気ブログランキングに参加中。

いいね!とおもったら、ポチ。

にほんブログ村に住んでます。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ

ご訪問、ありがとうございました。またお会いしましょう。

いらっしゃい。

--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
03月31日(日)

お寺を訪ねて〜其の一「大安寺」(1)

みなさまごきげんよう。
仏教ねえさんだよ。



お寺めぐりをしようと志し、
記念すべき第1回目のお寺さんは、



大安寺



3月1日〜31日まで
馬頭観音立像(秘仏)が公開されております。
「今年を逃すと、1年後か……」
と思うとどうしても見たくて、行ってきました。



大阪から奈良までは、近鉄が楽ちんですね。快速急行で35分で到着。

近鉄奈良駅



駅を出たら、こんなポストが。
となりのおじちゃん(?おばちゃん?どちらかわからない)は目についたので一緒に。

P3300002.jpg



まず東向商店街を南に通りぬけ、ぷらぷらしてましたら、
よもぎ餅で有名なお店を見つけたので、ひとついただきました。

P3300006_convert_20130331125826.jpg



出来立て。柔らかくて、よもぎの香りが芳しい。おいしい。
P3300005.jpg



近鉄奈良駅のバスターミナル12番のりばから
「シャープ」行きのバスに乗りました。
乗り場に着いたら、すぐにバスが来ました。
ツイてる!

バスに揺られること8分くらいでしょうか。

「大安寺」停で下車。


ありがとう、バス。
P3300007_convert_20130331124847.jpg


道路沿いに、大安寺へ行くための矢印もあるので、
地図を見なくても平気。
大安寺交差点



途中に灯籠があります。
P3300011.jpg



はい、こっちだよ。
P3300013_convert_20130331124602.jpg



あら、奈良っぽい。
P3300015_convert_20130331122938.jpg



左に曲がって、1分くらいで、境内跡がありました。
P3300017_convert_20130331124147.jpg


道中、すれ違ったおじいさんに
「この桜、見事だねぇ!」と笑顔で声をかけられたので、
「ほんまですねぇ!」ということで、パシャリ。
P3300024_convert_20130331123645.jpg



推古天皇社
P3300028_convert_20130331145729.jpg
を左手に見たら、すぐ到着。




目的の大安寺さんです。
P3300034_convert_20130331125857.jpg
南都七大寺のひとつ。


どーん。
P3300036_convert_20130331125919.jpg



今の南大門は、建て替えられて小さくなってしまいましたが、
当時はそれはもう、見事であったでしょう。
P3300030_convert_20130331130326.jpg



おじゃまします。



拝観料500円を納めて、見学開始。
拝観者はチラホラ。
女性ひとりで来ているのは仏教ねえさんだけでした。
P3300046_convert_20130331125255.jpg



本堂。
P3300045.jpg
ここに、ご本尊の十一面観音様がいらっしゃいます。
開扉されていないので、すだれ越しに合掌。

左に弘法大師様、右に虚空観音菩薩様がいらっしゃいました。
梵字で表現された金剛界曼荼羅と胎蔵曼荼羅も左右の壁に飾られています。
さすが、弘法大師由来のお寺さん。



嘶堂。ここに秘仏・馬頭観音様がいらっしゃいます。
P3300043_convert_20130331135235.jpg

中に入ると案内してくださるおじちゃんがいました。


お手本になる紙をいただいたので、
真似して書いてみた。


スキャン 4


この馬頭観音様は、天平時代に作られました。
度重なる災禍などで倒されたりして、
手は後世に取り付けられたものだそうです。

「手が後付のものでなければ国宝級だったのに、
残念ながら重要文化財でとどまっているんだよ」
と、おじちゃん、くやしそう。
仏教ねえさんも、くやしいです。

馬頭観音様は、一面六臂が基本。
上段の右手に斧、左手に蓮の蕾。
中央で合掌。
下段の手は、与願印を結んでいます。

馬頭観音様最大の特徴は、忿怒相。
観音様といえば穏やかな表情ですが、
馬頭観音様だけは怒りを表現しています。
なので、手も怒りを表現し、グッと握りしめられております。
なるほどね!

基本的に馬頭観音様は読んで字のごとく、
頭上に馬の頭があるのですが、
この馬頭観音様は馬はおりません。
その理由は、馬頭観音様が信仰され始めた
初期の頃の馬頭観音様だからのようです。

その代わりに、
胸と足首に悪の象徴である「蛇」が巻きつき、
腰に獣の皮をまとっていらっしゃいます。
手首にも、蛇が巻き付いていたかもしれないけれど、
今となってはわからないそうです。
絶対に手首にもあったと思う!
足首にあって、手首にはないなんてことはないよ!


というわけで、
大安寺の馬頭観音様はとても珍しいお姿。
なるほどー!


この馬頭観音様に関わる逸話をおじちゃんが教えてくれました。

徳川吉宗さんが、この馬頭観音様の秘仏神符の御札を
とても大切にしていたらしく、
家臣にも同じ神符を配っていたそうです。
ある日、とある家臣が馬で山を駆けていた時に、
崖を馬もろとも落ちてしまった。
だけど、その家臣は吉宗さんからいただいた馬頭観音様の御札を
胸に下げていたおかげで、
馬もその家臣も、ケガ一つなく、無事に戻ったそうです。
すごいご利益!よかったね!

明治時代に活躍した乃木大将も
この馬頭観音様の秘仏神符をお持ちだったそうです。


そんな話を聞いたら、仏教ねえさんもあやかりたいです。
厄除けと知られる馬頭観音御守をいただいてきました。
P3310006_convert_20130331151026.jpg



おじちゃん、ありがとう。
お話、わかりやすかったです。
まさか、ご案内してくださるとは思ってもみなかったので、
とても嬉しかったです。


大安寺見学はまだ続きます。

仏教ねえさんより。
スポンサーサイト
 
03月27日(水)

邪悪なハンコ屋からハンコが届いた。

みなさまごきげんよう。
仏教ねえさんだよ。


ブログのプロフィールの画像、
見てくれました?


↓コレ。
プロフィール


かわいいでしょ。

決して仏教ねえさんの似顔絵ではありません。


邪悪なハンコ屋しにものぐるいで買いました。


シュールでいいですね、このハンコ屋さん。
楽しくお仕事してそうですね。


仏教ねえさんと、
もし、会う事があれば、
ご希望の紙にハンコを押しまくります。
5万回押せるから。

ぜひ声かけてください。



仏教ねえさんより。


 
03月20日(水)

第1回お寺検定3級のお受験~珍道中付き。

みなさまごきげんよう。
仏教ねえさんです。



平成25年3月17日(日)に第1回お寺検定が開催されました。
もちろんお受験してきました。

仏教ねえさんは、大阪に住んでいます。
大阪会場の大阪国際大学へ初めて行ってきました。

が、
試験会場へ向かうまで、ちょっとした珍事件発生。



試験会場の大阪国際大学の最寄り駅は、大和田駅。
天満橋から京阪乗っちゃえば、あっという間。
そんなこととはつゆ知らず、必死にテキストを眺めながら、
電車に揺られること10分。



あれ?わたしどこで降りるんだっけ?



と、うっかりもいいところ。
自分が今、どこにいるのかわからない。
よし、困った時のアイフォンちゃんのmapだっ!
で検索。



……の、乗り過ごした。ガビーン



守口市で乗り換えるのを忘れて、
うっかり寝屋川市まで行っておりました。
慌てて降りる。



大丈夫か、自分。



額に冷や汗をかきながら、
大和田駅に到着。

天気がいいな~。
なんかこの街、昭和っぽいな~。
小学生が縄跳びしてるよ、ふふふ。

とか思いながら、
なんとか近くに来たものの、
今度は大阪国際大学の正門がどこなのかわからない。

学生さんたちが部活動をしている姿が横目に見えるのに。
すぐそこに校舎があるのに。



入れない。アー



結局正門と逆方向へ歩いていたようで、校舎の外を一周していました。



だ、大丈夫か、自分。



地図を読めない女とはちょっと違う。
地図は読める。入口がわからないだけなのだ。
これ、仏教ねえさんの「あるある」。
まんまと「あるある」炸裂。

せっかく開場時刻ピッタリに着くように出発したのに、
試験事前説明開始7分前に試験会場に到着。


それでも、写真はちゃんと撮る。
お寺検定 




最後の悪あがきもロクにできませんでした。
もう、この時点で受かる気がしませんね。

それでも仏教ねえさん、がんばってきました。それなりに。



問題の表紙。
IMG_5284.jpg




試験対策という対策もなかなか立てられず、
(第1回目だから問題集がない)
不安満載の中のお受験。
案の定、不安は的中。


↓写真をクリックしてね
IMG_5285.jpg



この問題を見た時の心の叫びをついうっかり試験中に書いてました。ほほほ。
もうこれは一般教養の範囲。だと思う。
答えは ①題経寺 ですね。
ほら、間違ってる。



結局3割はあてずっぽうになってしまいました。

やはり、予想問題集くらいはほしいところ。
テキストを読むだけでは、どうも頭に入ってこなくて、
他の検定のように、追い込むことができませんでした。

とはいえ、ウェブ上の模擬問題には、お世話になりました。
これがなければ、もっとできていなかったように思います。

こればっかりは、第1回だと仕方ないですね。
お寺にものすごく詳しい人以外は、
勘を頼りにしていたに違いない。
条件は全員同じですものね。


第2回は問題集があるといいなぁ。
次回に期待。


難易度は高いのか低いのかよくわかりません。
が、
お寺のことを知るよいきっかけになったのは間違いありません。

ますますお寺や仏教のことが知りたくてたまらない。
まず、仏教の歴史が知りたくてうずうず。



帰りに梅原先生のご本



を購入して、
仏教熱をさらに熱くしております。



仏教ねえさんより。



 
03月17日(日)

はじめに。

はじめまして。こんばんは。
仏教ねえさんです。

仏教について初心者です。
仏教のお勉強のために、ブログに記録することにしました。

このブログ開設にあたり、
名前を何にしようかと、小一時間考えました。

仏教女子だけは絶対にいやだったので、
(「女子」っていう言葉が自分になじまないから)

仏教婦人、仏教婦女など「女性」にまつわる言葉をくっつけてググりました。

現実に仏教婦人会とかあったりしちゃうの。ふふふ。



使えない(・ω・)



こうなったら、たまに現実に言われる、
「ねえさん」をくっつけちゃえ。
ということで。
仏教ねえさん、と相成りました。

仏教の本の感想や、行ったお寺のこと、
仏教に関することすべて、
仏教ねえさんにとって「お勉強」になったことを記録していきます。

気長に書きます。
よろしくね。


仏教ねえさんより。



 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。